飯伊古典芸能祭開く

文化・芸能

[ 2012年 3月 22日 木曜日 9時32分 ]

 菱田春草の没後100年を記念して、南信州地域に中世から伝わる芸能の歴史をひもとく「飯伊古典芸能祭」が20日、飯田市の飯田文化会館で開かれた。地元と東京の邦楽家、舞踊家らが地域ゆかりの長唄「菊慈童」「木賊刈」を披露したほか、歴史の流れの中で忘れ去られようとしている飯田オリジナルの作品に息吹を与え、会場いっぱいの約800人が鑑賞した。

 菊慈童は「春草の心に少しでも近づくように」と、春草作品をイメージした衣装と背景を今公演のために用意。踊り手の花柳春輔さんは、東京芸術大学音楽学部准教授の小島直文さん(50)=飯田市出身=らでつくる長唄東音会(東京)の邦楽演奏と唄に合わせ、若さを保ったまま800年を生きた菊慈童を生き生きと演じた。

 市制15周年を祝い、1952(昭和27)年に作られた日夏耿之介作詞の「飯田古意めいぶつ唄」、飯田独自の伊那節「伊那おどり小唄」では、多くの芸妓と旦那衆が育んだ飯田の町人文化を再現した。

 阿智村の園原を舞台にした大曲「木賊刈」は、花柳流幹部役員の花柳壽彰さんが熱演。茂山狂言長野社中は、瀬戸内寂聴さんが復曲した狂言「木賊」を分かりやすく、ユーモアたっぷりに演じた。

 郷土ゆかりの演目を地元の大きな舞台で演奏した小島さんは「木賊刈は一生の間に一度できるかどうかという大曲。めったにやれない曲を地元の皆さんのおかげで演奏できた」と充実感を漂わせた。

 終演後に寄せられた感想と盛況ぶりに、実行委員長の冨田泰啓さんは「やはり飯伊は文化レベルが高い」。今回は裏方に徹した春麗会会主の花柳壽三さんは「忘れられようとしている飯伊の宝を残していかなければ」と継続に意欲をみせた。

 阿智村から訪れた男性(75)は「長唄の素晴らしさ、メロディーの良さをあらためて知った思い」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52