飯伊小中学生優秀作品展

文化・芸能

[ 2014年 3月 10日 月曜日 9時33分 ]

 飯田市追手町の市美術博物館は26日まで「飯田下伊那小中学生優秀作品展」を同館で開いている。本年度の郡総合展覧会(郡展)で展示された社会、理科、図工美術の優秀作品170点余を展示している。

 下伊那教育会が主催する郡展は毎秋3日間、市内を会場に開催。本年度は丸山小学校を会場に、飯伊の小中学生による各教科の作品2918点が並べられ、保護者や地域住民ら1万1003人が来場した。

 優秀作品展は、地域の美術博物館として教育活動の一助になることができれば―と、同館と飯伊の小中学校が連携し、初めて開催。郡展の中から、社会と理科で金賞を受けた計13点と、郡展で同時展示された県学生科学賞作品展覧会(県教委・県科学教育振興委員会主催)の入賞作品4点、県児童生徒美術作品展(県美術研究会主催)の地区入選・県選抜展(中央)入選作品146点を並べている。

 理科や社会の研究作品は、地域に伝わる伝説や地元の産業、自然などを題材にしたもの。県内の小中高校生の科学研究が集まる県学生科学賞作品展覧会出品作品は、県知事賞と県教育委員会賞、優良賞を受けた計4点で、テーマの特異性や数年かけてデータを積み上げ研究に取り組んだ成果などが評価されている。

 県児童生徒美術作品展のものは地区・中央入選作品199点のうち、小学6年生と中学3年生のものを除く146点を展示。動物や仲間、静物、身の回りの風景などを題材に描いた水彩画や版画、ポスター、立体造形などを並べている。

 同展を担当する同館の丸山陸雄専門研究員は「郡展ではじっくり見られなかった方も多いと思うので、保護者や地域の皆さんに足を運んでいただき、子どもたちがこれだけ良い作品を作っていることを知ってもらえれば。出品者の励みにもなると思う」と話していた。

 開館は午前9時半から午後5時(入館は同4時半)まで。月曜休館。観覧無料。問い合わせは同館(電話22・8118)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞