飯伊2会場でそよ風☆コンサート

文化・芸能

[ 2012年 5月 2日 水曜日 9時56分 ]

 プロオーケストラとともに市民がクラシック音楽を楽しみ、学ぶ音楽祭「オーケストラと友に音楽祭」が2日から5日まで、飯田下伊那各地で開催される。音楽祭に先がけて29日、地元音楽団体のフルートアンサンブル「フルート・グランコラーレ」と「ル・ソン・ファボリ」によるそよ風☆コンサートが、飯田市内と阿智村の2会場で行われた。

 音楽祭の一企画であるそよ風☆コンサートは、飯田下伊那地域の音楽団体によるオリジナルの演奏会。街いっぱいに音楽を届けたい―という思いのもと、毎年飯伊各地で開いている。

 この日市内では、フルート・グランコラーレの演奏が行われた。りんご並木で開催された「ゆるキャラ天国inりんご並木」の特設ステージ上で発表。「フルート吹きの休日」や「見上げてごらん夜の星を」、「桜の木になろう」などを奏で、イベントを盛り上げるとともに音楽祭のPRを行った。

 ル・ソン・ファボリは、阿智村の湯ったり~な昼神ロビーでフルート演奏を披露。巨大なバスフルートなど楽器の解説も交えながら、「君をのせて」「ハナミズキ」「ミッキーマウス・マーチ」など親しみのある楽曲を演奏した。

 観客はフルートの優しい音色に耳を傾け、手拍子をしたり体を揺らしてリズムをとったり。アンコールの「ふるさと」では演奏にあわせて会場が合唱。最後には温かな拍手が送られていた。

 同団は昨年12月、同じフルート教室に通う中学生から40代までのメンバー5人で結成。公の場で演奏するのは初めてだという。メンバーの一人は「お客さんとの距離が近くて反応がわかりやすく、楽しんでいただけたと思う。音楽祭にも足を運んでいただけたら」と話していた。

 音楽祭期間中のそよ風☆コンサートでは、ソノール・クラリネットアンサンブル(3日)、ファゴットアンサンブルのル・バスーノックス(5日)、飯田交響楽団(同)の演奏会、地元吹奏楽団によるジョイントコンサート(4日)などが予定されている。未就学児も入場可能。

 問い合わせは、飯田文化会館の実行委員会事務局(電話0265・23・3552)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞