御用材の本見立祭 飯沼諏訪神社の氏子総代会が

文化・芸能

[ 2014年 11月 8日 土曜日 8時28分 ]

 2016年4月の御柱祭に向け、飯田市上郷の飯沼諏訪神社氏子総代会(櫛原利喜夫会長)は7日、御用材の本見立祭を黒田の野底山鈴ケ沢小鈴地籍で行った。

 10月20日に仮見立てをした2本のモミは、幹周り2メートル41センチと2メートル42センチで、高さは約16メートル80センチ。櫛原さんによると、前回の柱より20センチほど太いという。

 本見立祭はモリアオガエルの繁殖地近くで開き、総代と財産区、まちづくり委員会の役員、市議、市関係者ら約40人が出席。御用材を確認後に祝詞をあげ、木遣りがこだます中、斜面に生える御用材を神官がおはらいした。

 櫛原さんは「諏訪大社の御柱祭に次ぐものという自負があり、それに見合った良い柱が確保できた」と笑顔で話した。

 御用材は来年11月初旬に予定している「本伐祭」で切り、16年4月9日に宵祭り、10日に本祭を開く。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21

例大祭での初披露に向け

4月5日月曜日16:20

現職15派、新人12派予定

4月3日土曜日13:52

希望の春 温かい祝福受け

4月3日土曜日13:27

就農研修4期生5人が入所

4月2日金曜日15:37










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞