飯田お練りまつりに向け、東野大獅子保存会が始動

文化・芸能

[ 2010年 1月 19日 火曜日 8時31分 ]

 3月26―28日、飯田市街地で開く飯田お練りまつりで、メーンとなる出演団体の1つ、東野大獅子保存会(塩沢直人保存会長)は17日、飯田市錦町のシルクホテルで初めての全体会議となる総会を開いた。約300人が出席し、新役員の承認、今度のスケジュール等の確認を通じて、当日の舞披露へ士気を高めた。

 冒頭、塩沢保存会長は「地域の不景気を吹き飛ばすような舞の披露に期待する声もある。6カ町が一致団結して、東野大獅子ここにありという姿を見せなければ」とあいさつ。10月の市街地丘の上で開催される全国獅子舞フェスティバルへの出演依頼があることについて「検討していきたい」と述べた。

 今後の主なスケジュールは、24日に竹割り、屋台仮組、胡桃伐木を行い、2月7日に東野公民館で安全祈願祭を実施。翌8日から各担当練習に入り、3月1日から合同練習を開始する。

 メーン出し物の一つ東野大獅子は重量30キロの大獅子頭による幌獅子舞。発祥はいまからおよそ350年前で、地域の武運と安泰繁栄を願い大宮諏訪神社に加護祈念したことに始まる。1715(正徳5)年の未満水の翌申年以来行われるようになったお練りまつりに、東野大獅子として出演したのは1908(明治41)年から。日本国の能の原典と言われる宇天王の優美華麗な舞をはじめ、勇壮豪快な頭、妙技な笛太鼓の調べが三位一体となって織りなす一大絵巻は郷土芸能の圧巻と言える。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52