飯田下伊那を巡回公演するふるさとコンサートがスタート

文化・芸能

[ 2010年 7月 19日 月曜日 8時33分 ]

 飯田下伊那を巡回公演するふるさとコンサートが16日、下條村のコスモホールを皮切りにスタートした。ことしも「あやめカルテット」の4人が訪れ、子どもからお年寄りまで楽しめるクラシックを演奏。19日までの4日間、9会場で公演する。

 同コンサートは身近なところでクラシックの生の演奏に触れてもらおうと各会場が主催して開催している。演あやめカルテットは京都市立芸術大学の大学院生らによる弦楽四重奏団で、今回の公演にあわせて結成。

 アフィニス夏の音楽祭などで飯田市とかかわりのある四方恭子さんの指導を受ける4人組で、バイオリンの江口純子さんと三宅恵さんは昨年に引き続いての出演、ビオラの米田舞さんとチェロの山本善哉さんは初の来飯となる。学生とはいえ、演奏力には定評がある。

 下條村の会場には、小学生からお年寄りまで幅広い客層が集まった。エルガーの「愛の挨拶」で幕を開けると、楽器紹介に引き続いてパッヘルベルの「カノン」、ドヴォルザークの「弦楽四重奏曲12番『アメリカ』」や「ユモレスク」などのクラシックの名曲を演奏し、聴衆を魅了。

 おなじみの童謡や唱歌などをメドレー風にアレンジした「秋の歌つむぎ」のほか、リクエストに応じてジブリアニメやディズニー、歌謡曲などを弦楽四重奏で演奏した。

 17日は平谷村合同庁舎、下久堅公民館、上村交流センターで公演。18日は丸山小学校、竜丘公民館、昼神温泉おとぎ亭光風、19日は三穂公民館、橋北公民館で演奏する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年度完成へ協力要請

7月15日水曜日15:17

国交省の専門家 喬木村の崩落現場を調査

7月15日水曜日15:02

今年は個人客にも注力

7月14日火曜日15:30

飯伊各地に大雨の被害

7月14日火曜日15:01

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞