飯田人形劇場でにこにこステージ開く

文化・芸能

[ 2012年 11月 30日 金曜日 9時25分 ]

 飯田文化会館子育て支援事業「にこにこステージvol・24」(同館・実行委員会主催)が29日、飯田市高羽町の飯田人形劇場で開かれた。2回公演に120組の家族連れが訪れ、飯田下伊那地域で活動する「ミュージック ボックス フィガロ」による歌と演奏を楽しんだ。

 子どもたちが生の舞台芸術に親しむとともに、親子のきずなを深める機会にしたい―と企画し、24回目。会場に床を敷いたり、演奏中にも出入りできるよう工夫したほか、授乳スペースを設けるなど幼い子ども連れを意識した配慮がされている。

 フィガロは、女性3人によるグループ。ピアノとエレクトーン、太鼓、鈴といったさまざまな楽器を演奏したり、歌いながら童謡やクリスマスソング、クラシック音楽などを披露した。

 訪れた親子はリズムに乗って手拍子をしたり、口ずさんだり。クリスマスソングメドレーにあわせてツリーや雪、星などが壁に映し出されると、子どもたちは「うわあっ」「雪だ」と大喜び。飛んだり跳ねたり、音楽と一緒に手遊びをしたりと、30分ほどの公演を楽しんでいた。

 最後にフィガロのメンバーは「音楽を親子で一緒に楽しむと絆が深まる。小さい頃から聞いていると情緒豊かな子に育つ。また次の機会に演奏を聞いてもらえれば」と語り掛けていた。

 次回の「にこにこステージ」は来年3月2日に行われる予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21

例大祭での初披露に向け

4月5日月曜日16:20

現職15派、新人12派予定

4月3日土曜日13:52

希望の春 温かい祝福受け

4月3日土曜日13:27

就農研修4期生5人が入所

4月2日金曜日15:37










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞