飯田創造館でリア美と後藤さん遺作展開催中

文化・芸能

[ 2010年 1月 23日 土曜日 8時36分 ]

 リアリズム美術家集団(菅沼立男代表)主催の「リア美と後藤一夫遺作展」は26日まで、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開かれている。個性あふれる会員の作品58点をはじめ、飯田市松尾の故・後藤一夫さん(1929―2007)の日本画34点と油彩画1点を展示している。

 同団体は日本美術会飯伊支部の流れをくみ、「自分と自分の中から感じるリアリティー」を追求。個性を尊重する会で、現在は13人が参加している。会員展は恒例の催しで、一人ひとり画風の異なる油彩画や水彩画を展示している。

 後藤さんは学生の頃から絵を独学で学び、1953年、日本美術会飯伊支部結成に参加。以後「飯田美術協議会」「リアリズム美術家集団」と団体名が改称されたのちも毎回出品を続けた。平和展やアンデパンダン展、日春展にも参加し、酒や歌、旅を愛した。晩年は出身地である松尾の公民館で、絵を教えていたという。

 後藤さんの作品は、墨のにじみがしみじみとした印象を与える「御岳山」や、優しく温かな色合いの「小牧城」など、素朴でやわらかな画風のものが多い。また、オレンジ色の背景と緑青の大仏の色彩の対比が印象的な「大仏」や、激しい筆触の油彩画「松川」など異彩を放つものもある。

 会員の作品も、枯れてなお力強く立つヒマワリ、カンバスに見立てられたパレットに描かれたトラ、飯田下伊那の風景など、さまざまなモチーフがそれぞれの手法で描かれている。

 会員の1人は「個々の自由な方法で写実を追及するうちに自分の解釈が生まれ、絵が深まっていく。楽しく制作しながら会員どうしの絆を深め、自由闊達な絵を描くのがリア美の方針」と語った。

 午前9時から午後5時(最終日は同4時)まで、入場無料。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞