飯田創造館でリア美展~自由な技法の絵画を~

文化・芸能

[ 2015年 9月 19日 土曜日 12時47分 ]

創造館リア美展 リアリズム美術家集団(菅沼立男代表)による「リア美会員展」は22日まで、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開かれている。油彩や水彩、アクリルなど、会員12人がそれぞれ自由な技法で描いた絵画約90点を展示。女性会員3人の特別陳列も行っている。

 

 日本美術会飯伊支部の流れをくみ、「自分と自分の中から感じるリアリティー」を追求する美術団体。飯田下伊那地域の愛好家が所属し、スケッチ旅行や例会などで研さんを積む。秋の会員展のほか、5月に開くアンデパンダン展も中心となって運営している。

 

 会場には、さまざまな技法で描いた風景や静物、人物画などが並ぶ。伸び伸びとした筆致で紅葉した秋の山を描写したものや、素朴なタッチで身近な風景を描いた水彩画、荒涼とした空の下にそびえる荒々しい山の絵など。強烈な色彩を取り入れて抽象的な表現を試みた作品も並ぶ。

 

 午前9時から午後5時(最終日は同4時)まで、入場無料。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事