飯田市中心市街地で南信州獅子舞フェスティバル

文化・芸能

[ 2019年 10月 21日 月曜日 16時42分 ]

 第12回南信州獅子舞フェスティバル(実行委員会主催)が20日、飯田市の中心市街地で開かれた。青空の下、獅子舞24、太鼓2団体が出演し、6カ所の演舞ポイントで舞や演奏を披露。飯田下伊那特有の巨大な屋台獅子が集結し、魅力を発信した。

 各演舞ポイントでは観衆がつくる輪の中で、各団体が獅子舞を披露。宇天王や天狗が起こして獅子を導いたり、神楽に合わせてキツネが踊ったりと、それぞれが継承する多彩な芸能で沸かせた。

 9年ぶりに登場した上黒田獅子舞保存会は、伊勢流の神楽獅子舞を優雅に舞った。伝統芸能とポップカルチャーを融合させた「南信州天昇オロチ」は昨年に続いて登場し、新たな風を吹かせた。

 保存活動に加わる子どもたちの活躍も光った。小獅子を舞わせたり、太鼓や笛を響かせたり。段ボールなどで作った創作獅子をお披露目する姿もあった。

 見学の子どもたちは獅子に頭をかんでもらい、鬼に追われると泣き叫んだ。

 同市上郷から家族4人で足を運んだ飯田仏教保育園の園児(6)は「目の前で見ると獅子はとても大きかった」と話した。

 戸崎敬実行委員長は「台風被災地に力を届けられるよう、各保存会が趣向を凝らし、元気よく発信できた。来年も多くの団体とともに開きたい」と話していた。

◎写真説明:個性的な舞が観衆を魅了

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞