飯田市公民館のコーラスグループ発表会開く

文化・芸能

[ 2011年 3月 1日 火曜日 9時39分 ]

 飯田市公民館のコーラスグループ発表会が27日、吾妻町の同館で開かれ、地区公民館で活動する19グループの370人が練習の成果を披露した。

 35回目となったことしは、参加グループが昨年より3つ増加。客席の500人に手拍子や合いの手を求めるなど、会場いっぱいの来場者、出演者を飽きさせない演出をするグループもあり、各地区での活躍ぶりをうかがわせた。

 このうち龍江の「コールハイネ」は、飯田風越高校ダンス部の1年生を交え、混声三部合唱で「東京ブギウギ」を披露。高校生の楽しげなダンスに合わせ、軽いステップを踏みながら陽気に歌い、最後にミュージカル風のポーズを決めた。

 指揮の田中哲夫さんは「昨年までは硬くなりがちだったので、今回は知っている曲を楽譜なしで歌い、少し踊りも取り入れてみた。伸び伸びと歌えていた」と仲間たちをたたえた。

 プログラムには全体合唱も盛り込み、開会式には「公民館の歌」を、合間には「飯田市市歌」と「世界の子どものマーチ」、閉会式には「今日の日はさようなら」を全グループと来場者で歌った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内

NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内2











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞