飯田市美術博物館で野だて開催

文化・芸能

[ 2014年 4月 9日 水曜日 9時04分 ]

 飯田市追手町の市美術博物館は6日、野外で抹茶を立てる野だてを同館前庭で行った。来館者は県指定天然記念物の長姫のエドヒガン(安富桜)を眺めながら、大日本茶道学会飯田支部(玉置仙津支部長)による茶を堪能した。

 同館が毎年サクラの季節に行うイベント。花とともにお茶を楽しんでもらおうと、大日本茶道学会と表千家、裏千家の地元3団体が当番で来館者をもてなしている。

 ことしは同支部が担当。前庭に立礼席を設け、喬木村の阿島傘を立てて「心静かに茶を味わう」という意味の短冊を飾った。この日は雨が降ったりやんだりと安定しない天候だったが、多くの人が来館し、満開の花を眺めながらサクラを象った菓子と茶を味わっていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞