飯田市街地でりんごん開く

文化・芸能

[ 2010年 8月 10日 火曜日 9時02分 ]

 飯田市の市民まつり「第29回飯田まつり」(りんご並木の街飯田まつり協議会主催)は7日、市街地「丘の上」で開かれ、昼間の「ふれあいアップルタウン」、夜の「飯田りんごん」と多くの人出でにぎわった。ことしは夕方の雷雨もなく、約9400人が乾いた通りを練り歩き、約2万人の観客とともに丘の上を熱気で包み込んだ。

 昼間は知久町、銀座、中央通り、伝馬町の商店街を歩行者天国にした「ふれあいアップルタウン」が開かれ、射的ゲームや金魚すくい、宝投げなど各商店街が趣向を凝らした催しを実施したほか、和太鼓演奏やカラーガード隊、ダンスパフォーマンス、YOSAKOIダンスなどのイベントが会場を一層盛り上げた。

 スクランブル交差点で初陣を飾った飯田高校書道班は同交差点いっぱいの大紙を使った書道パフォーマンスを実施。多くの観客が見守るなか、1、2年生約20人は曲に合わせて書の美を表現すると、横前花澄部長(17)は「外での書道は初めてだったが、練習以上の力が出せた。楽しかった」と笑顔だった。

 夜のりんごんでは、牧野光朗飯田市長が「猛暑を吹き飛ばすようなりんごんにしよう」と声高らかに開始宣言すると、「りんごん りんごん ほいおいな」の曲にあわせ参加した136連が一斉に踊りをスタート。法被を着た可愛らしい子ども連から大人までが通りを埋め尽くし、威勢のいい掛け声と歓声が沿道に響きわたった。

 りんごん大賞を含む受賞連は次の通り。

 ▽大賞 丸山小6の1“元気本気根気連”▽コスチュー部門 追手町小学校4年~お練りバージョン~▽アレンジ部門 浜っ子フレンズ▽調和賞 NTTandTOSYSグループ、飯伊美容師会、長野ポーラ飯田エリア、K’z▽ハッスル賞 追手町小5年元気っ子、鼎小学校5の3―生Kenmyoz、森蔵連(SHINZO REN)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞