飯田水墨画会が飯田創造館で記念展開く

文化・芸能

[ 2010年 8月 30日 月曜日 9時46分 ]

 飯田水墨画会(木島玉諭代表)の第25回記念展が31日まで、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開かれている。今回は5年ごとに開催する記念展。普段よりも多くの数が出品され、会員と講師の吉澤玉昌さん(同市下殿岡)の水墨画91点を飾っている。

 飯田下伊那地方の愛好者でつくる同会には、現在50―80代の約60人が所属。日本墨絵会会長である吉澤さんの指導のもと、同館で月2回勉強を行ったり、年2回スケッチ旅行へ出掛けている。年1回開く同展で成果を発表するとともに、公募展の日本墨絵展にも多くの人が参加している。

 基本的に墨一色で表現するのが同会の特徴で、モチーフの立体感や近景と遠景を墨の濃淡で描き分けた作品が多い。コスモスなどの可憐な植物、雄大な滝や山々の情景を取り上げたものなど、さまざまな作品が展示されている。

 木島会長は「作品に色を使わないので俗っぽくなく、清楚さが表れていると思う。墨の濃淡だけで表現している点を見てもらいたい」と話し、吉澤さんは「ベテランの人には実力があるし、水墨画を始めたばかりの人でもいい作品を作り上げている。また5年ごとに積み上げて、展覧会を続けていきたい」と語っていた。

 会期中には、吉澤さんによる水墨画の実演会も開かれている。実演会は午前11時と午後2時(31日は11時のみ)からを予定。

 開場は午前9時から午後5時(最終日は同4時)まで。入場無料。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞