飯田表具経師内装協が会員展 技生かした作品を

文化・芸能

[ 2015年 11月 10日 火曜日 15時21分 ]

 飯田表具経師内装協会(安藤弘文会長)は7、8の両日、「表装作品展」を飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開いた。会員14人がそれぞれの技を生かし、飯田下伊那地域ゆかりの作家による絵画や書などを掛軸や額、屏風に表装した33点を展示した。

 表装技術の習得と向上、相互研さんを目的に年1回開き、49回目。同協会には飯伊の40―80代まで10店が所属し、その中で若手の会員が中心となって執行部を組織している。

 会場には、さまざまな様式で仕立てられた作品が並ぶ。掛け軸は代表的な大和表装や丸表装をはじめ、一枚のきれをくり抜いて仕立てるくり抜き表装、様式にとらわれない創作表装など。きれの模様が表れた部分を印象的に配した掛け軸や、マグネットを貼り付けることができる屏風もあった。

 表装された絵画や書は、片桐白登や仁科八重美、日夏耿之介といった物故作家から、現在活躍中の作家の作品までさまざま。書と同じ字をきれで表現して掛け軸に仕立てたり、日本画の連作3点を一つの額に納めたりと、それぞれ工夫を凝らして表装している。

 「絵や書を引き立てるため、会員がそれぞれの技術を生かして表装している」と安藤会長。来年の第50回展では、県表具経師内装協会の作品展を併催する予定で「県内の表具屋のさまざまな作品がたくさん展示されるので、楽しみにしていただければ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01