高森牛牧神社で里曳きと建御柱

文化・芸能

[ 2016年 3月 8日 火曜日 9時40分 ]

 高森町牛牧の「牛牧神社式年御柱祭」(竹内宜雄区長)は6日、里曳(び)きと建御柱が行われた。同地区育成会(木下啓爾会長)の主導により、地域の一大行事として初めての御柱祭。氏子衆と子どもを主体に、地区住民ら約300人が参加した。

 各地の御柱祭は今月末から来月初めごろがピークとなるが、飯田下伊那地域ではトップを切って行われた。山出しは2月21日に終え、この日の里曳きは同地区上段道の共経会所近くからスタート。やわらかな春の薄日が差す中、幹周り約70センチ、長さ約6メートルの2本のスギを1キロにわたり曳き歩き、神社に到着した。

 見せ場でもある最大の難所は、参道の大鳥居から続く60段近い石段。木遣り班の威勢のいい掛け声と、高らかに響くラッパの音に後押しされ、隊列前方の子どもらは懸命に御柱を引き上げた。

 2本の御柱が境内に到着すると、いよいよ建御柱。再び木遣り隊が掛け声を掛け、ラッパが響くと、子どもたちが引き綱を力強く引っ張った。先端に幣束が打ち付けられた御柱は、社殿に向かって右側、左側の順に高らかに建立された。

 牛牧神社は永享12(1440)年に八幡宮として創建されたと伝えられる。その後、諏訪大明神が合祀され、明治13(1880)年に牛牧神社と社号を改正。7年目ごとの御柱祭も小規模に行われてきた。

 竹内区長は「これまでやったことのない地区行事だが、天気も良く大勢の人が集まってくれた。感無量の心境。今回のデータを保存し、今後もぜひ継承してもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10