高森町で新田諏訪神社春祭り

文化・芸能

[ 2015年 4月 18日 土曜日 8時42分 ]

 高森町山吹の新田諏訪神社春祭りがこのほど開かれ、住民でつくる新田虎舞保存会は伝統の虎舞を奉納した。無病息災や五穀豊穣を祈願し、勇ましい舞で観衆を魅了した。

 境内では保存会員らが高さ2メートルほどの屋台を備えた虎を舞わせた他、狐踊りや子どもたちによる子狐踊りを奉納した。

 獅子舞が盛んな飯田下伊那地域では唯一の虎の舞で、全国的にも珍しいという。

 伝統芸能の継承を目的に加わった子虎舞の披露もあった。小学生たちが2人一組になり、虎舞の3分の1ほどの大きさという虎頭に独特の模様が入ったほろを付けて優雅に舞った。

 同地区の虎舞は、約300年前の宝永4(1707)年、山吹藩主が繁栄と里の厄難よけ、五穀豊穣を願い、相模の国の僧侶に彫らせ、光明寺観音堂に納めて門外不出としていた虎頭・狐面を、大正4(1915)年の天皇即位の御大典に披露したことが始まりとされる。

 虎舞の囃子は勇壮に虎が舞う「真金」と、優雅に舞う「大門」の2曲。一方、狐踊りは端唄の「紀伊の国」に合わせて踊るため、「紀伊の国の舞」とも呼ばれている。

 3年前からは子どもたちによる「虎の狐団」を結成し、子虎の舞、子狐踊りの活動も活発化させている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52