鯖の姿ずしを奉納 伊豆木八幡宮秋季例祭

文化・芸能

[ 2016年 10月 8日 土曜日 13時19分 ]

直会で供えた姿ずしを切り分ける

 飯田市伊豆木の伊豆木八幡宮で7日、「鯖(さば)ずし祭り」ともいわれる秋季大祭宵祭りが行われ、鯖の姿ずしと、打上げ花火神前花火、大三国を奉納した。各家庭でもサバのちらしずしを食べ、無病息災と豊作などを願った。

 12代270年にわたって伊豆木を治めた小笠原氏が、領内の安泰や戦の勝利を祈願して奉納したのが始まりとされる。郷土料理や行事食として地域に根付いた鯖ずしは、県の無形民俗文化財に指定された。

 氏子総代は地区内の役員らを来賓に迎え、午後6時から神事を執り行った。脂が乗った身厚な秋サバに酢飯を詰めた鯖の姿ずしをお神酒などの供え物とともに奉納。祭典後の直会では供えた姿ずしを切り分けて味わった。

 氏子総代長の今村■一さん(73)は「江戸時代から続く伝統行事。若い世代にも受け継いでいきたい」と語った。

 同日は、境内で氏子青年団による売店やヨーヨーすくい、くじ引きなどの催しが繰り広げられ、子どもから大人まで多くの氏子でにぎわった。また仕掛け花火や大三国も奉納された。翌8日の本祭では浦安の舞が奉納された。

(■は石へんに角)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26