鳩ケ嶺八幡宮で秋季例大祭

文化・芸能

[ 2011年 9月 14日 水曜日 9時22分 ]

鳩ヶ嶺八幡宮祭典 飯田市八幡町の鳩ケ嶺八幡宮(伊原義雄宮司、北原清光氏子総代会長)の秋季例大祭が10、11の両日に行われた。10日の宵宮祭では、同八幡宮一帯に松尾11区の多彩なみこしが繰り出し、次々と打ち上がる花火と競演。松尾小学校グラウンドでは、仕掛け花火が観衆を魅了し、噴き上げ花火「連合大三国」を囲んでのきおいで盛り上がった。

 

 同八幡宮は1257(正嘉元)年に遷座したと伝えられ、松尾12区のうち毛賀を除く11区で市内最大規模となる約3700戸の氏子を誇る。ことしは新井区が年番を務め「東日本大震災の復興支援」「半世紀を迎えた三六災害の教訓を次代へ」のメッセージ花火も盛り込んだ。

 

 晴天に恵まれた10日は午後6時半に夜打ち花火が開幕し、寺所区を皮切りに11地区のみこしが神前町に順次登場。本部前や「宮入り」した境内で「ワッショイ、ワッショイ」「ソイヤッ、ソイヤ」などの掛け声を響かせた。

 

 みこしの総数は大人14基、子ども13基。担ぎ手や警護などの参加者は約2500人に上り、華やかな女性連の姿もあった。同八幡宮一帯は多くの氏子衆や観衆の熱気に包まれ、宮入りしたみこしを盛大に迎えた。

 

 宮入り後の第2部は松尾小グラウンドで実施。開会にあたり常盤昭治年番長は「八幡様のご加護に感謝し、被災地復興の力になるよう元気を発信してほしい」と期待を込めた。

 

 旋回花火の「火車」に続いて、「華の乱舞」や「ミュージックスターマイン」で何百発もの花火が次々と上空に放たれると、観客の歓声が鳴り止まず。クライマックスは中央のやぐらと四隅に設けた「連合大三国」を囲んで各地区のみこしが集結し、噴き上がる火の粉とともにひときわ勇壮なきおいを繰り広げた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号