鳩ケ嶺八幡宮本殿へしめ縄飾り付け

文化・芸能

[ 2012年 12月 12日 水曜日 9時10分 ]

鳩ヶ嶺しめ縄 飯田市松尾明区(塩澤泰和区長)は9日、松尾の鎮守である同市八幡町の鳩ケ嶺八幡宮の本殿へ手作りのしめ縄を飾り付けた。翌年の年番区が担う12月の恒例行事。吹き付ける風雪の中、地域内のさらなる安全や結束を願い、丁寧に奉納した。

 

 年番は松尾内の11地区(毛賀を除く)の持ち回り。近年は12月の第2日曜日に翌年の年番区がしめ縄を作って奉納している。わらは明区内の「御神田」で栽培、収穫したものを用いた。

 

 9日は午前8時半に明コミュニティー防災センターに住民約80人が集合。一定の分量ごとによったわらを束ねながら、午前のうちに長さ9メートル30センチ、重さ60キロほどのしめ縄を完成させた。根元の太さは約20センチで、一方の先端は細く仕上げた。

 

 昼食後に、紫色の法被に身を包んだ男性陣がしめ縄をかついで階段を上り、本殿前で参拝。貫(ぬき)への固定時はひときわ激しい風雪が吹き荒れたが、参加者たちは全体のバランスを何度も調整しながら、抜かりない作業をこなしていた。

 

 同八幡宮は1257(正嘉元)年にせん座したとされる。松尾12区のうち毛賀を除く11区の氏神として「八幡様(はちまんさま)」の愛称で親しまれている。

 

 区長は「しめ縄の奉納は年番区として最初の大仕事。一つひとつの作業に魂を込めた。750年余の歴史ある八幡様を大切に守っていくんだという心意気を持って、年番区の務めを果たしたい」と決意を新たにしていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事