鳩ケ嶺八幡宮本殿へしめ縄飾り付け

文化・芸能

[ 2012年 12月 12日 水曜日 9時10分 ]

 飯田市松尾明区(塩澤泰和区長)は9日、松尾の鎮守である同市八幡町の鳩ケ嶺八幡宮の本殿へ手作りのしめ縄を飾り付けた。翌年の年番区が担う12月の恒例行事。吹き付ける風雪の中、地域内のさらなる安全や結束を願い、丁寧に奉納した。

 年番は松尾内の11地区(毛賀を除く)の持ち回り。近年は12月の第2日曜日に翌年の年番区がしめ縄を作って奉納している。わらは明区内の「御神田」で栽培、収穫したものを用いた。

 9日は午前8時半に明コミュニティー防災センターに住民約80人が集合。一定の分量ごとによったわらを束ねながら、午前のうちに長さ9メートル30センチ、重さ60キロほどのしめ縄を完成させた。根元の太さは約20センチで、一方の先端は細く仕上げた。

 昼食後に、紫色の法被に身を包んだ男性陣がしめ縄をかついで階段を上り、本殿前で参拝。貫(ぬき)への固定時はひときわ激しい風雪が吹き荒れたが、参加者たちは全体のバランスを何度も調整しながら、抜かりない作業をこなしていた。

 同八幡宮は1257(正嘉元)年にせん座したとされる。松尾12区のうち毛賀を除く11区の氏神として「八幡様(はちまんさま)」の愛称で親しまれている。

 区長は「しめ縄の奉納は年番区として最初の大仕事。一つひとつの作業に魂を込めた。750年余の歴史ある八幡様を大切に守っていくんだという心意気を持って、年番区の務めを果たしたい」と決意を新たにしていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01