鳩ケ嶺八幡宮本殿へしめ縄飾り付け

文化・芸能

[ 2012年 12月 12日 水曜日 9時10分 ]

 飯田市松尾明区(塩澤泰和区長)は9日、松尾の鎮守である同市八幡町の鳩ケ嶺八幡宮の本殿へ手作りのしめ縄を飾り付けた。翌年の年番区が担う12月の恒例行事。吹き付ける風雪の中、地域内のさらなる安全や結束を願い、丁寧に奉納した。

 年番は松尾内の11地区(毛賀を除く)の持ち回り。近年は12月の第2日曜日に翌年の年番区がしめ縄を作って奉納している。わらは明区内の「御神田」で栽培、収穫したものを用いた。

 9日は午前8時半に明コミュニティー防災センターに住民約80人が集合。一定の分量ごとによったわらを束ねながら、午前のうちに長さ9メートル30センチ、重さ60キロほどのしめ縄を完成させた。根元の太さは約20センチで、一方の先端は細く仕上げた。

 昼食後に、紫色の法被に身を包んだ男性陣がしめ縄をかついで階段を上り、本殿前で参拝。貫(ぬき)への固定時はひときわ激しい風雪が吹き荒れたが、参加者たちは全体のバランスを何度も調整しながら、抜かりない作業をこなしていた。

 同八幡宮は1257(正嘉元)年にせん座したとされる。松尾12区のうち毛賀を除く11区の氏神として「八幡様(はちまんさま)」の愛称で親しまれている。

 区長は「しめ縄の奉納は年番区として最初の大仕事。一つひとつの作業に魂を込めた。750年余の歴史ある八幡様を大切に守っていくんだという心意気を持って、年番区の務めを果たしたい」と決意を新たにしていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田最後の個人書店が閉店

4月22日木曜日15:23

大鹿歌舞伎の春定期公演

4月22日木曜日15:21

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞