黒田人形浄瑠璃の奉納公演開く

文化・芸能

[ 2010年 4月 14日 水曜日 8時52分 ]

 国選択重要無形民俗文化財「黒田人形浄瑠璃」の奉納公演が10、11日の両日、飯田市上郷黒田、下黒田諏訪神社春祭りで行われた。同神社境内に建つ、国指定重要有形民俗文化財「黒田人形専用舞台」を使う年に一度の上演を見ようと、県内外から多くの観客が訪れ、人形と舞台が織りなす伝統美に酔いしれた。

 黒田人形浄瑠璃は元禄年間に始まったとされ、約300年の歴史を持つ。人形を操る人形遣い、浄瑠璃を語る太夫、伴奏する三味線が三位一体となり、人形に「命」を吹き込む伝統芸能だ。地元住民らでつくる保存会がその伝統を受け継ぎ、定期的なけいこや公演のほか、高陵中学校黒田人形部の指導なども行っている。

 宵祭りの10日、ライトアップされた舞台が闇夜に浮かび上がる幻想的な雰囲気の中、「寿式三番叟(さんばそう)」「艶姿(あですがた)女舞衣・酒屋の段」「増補忠臣蔵・本蔵下屋敷の段」を熱演。こっけいな動きや情感がこもった物憂げな動きなど、さまざまな姿を見せる人形に、境内を埋め尽くした観客は見入っていた。

 11日には高陵中学校黒田人形部の生徒も出演。滑らかな動きで人形を操り「傾城阿波の鳴門・順礼歌の段」を見事に演じきると、観客から大きな拍手が送られた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞