鼎でわらべ歌コンサート

文化・芸能

[ 2013年 6月 15日 土曜日 8時08分 ]

 親子を対象にしたわらべ歌のコンサートが14日、飯田市鼎中平の市鼎文化センターであった。300人が参加し、飯田市上郷在住のわらべうたの講師、中津美奈子さんがうたやピアノ演奏を行い、子どもたちを楽しませるとともに、母親たちを癒した。

 「日常とは異なる空間で、子育て中のお母さんに癒しを届けたい」と、市鼎公民館の「子育てネットワークすくすくの樹」が初企画。自身も2人の母親として子育てをしている中津さんが趣旨に共鳴し、実現した。

 ステージでは、中津さんが「やなぎのしたには」「トーキョート」「ちょんちょんや」などのわらべうたを次々と披露。独特のリズムやうたに、子どもたちは耳を傾け、両手を動かして調子を合わせて楽しんだ。

 母親向けとして位置づけたピアノ演奏では「月の光」や「華麗なる大円演舞曲」などのクラシックから、ハナミズキなどのポップスも奏でた。「となりのトトロ」では子どもたちもおおはしゃぎで、会場が一体となって盛り上がった。

 子育てをテーマに勉強会や交流会を重ねている同会。ことしは「輝くママのために」をテーマに活動していて、アロマオイルをつかったハンドマッサージやスケジュール手帳の管理などを題材にした講習会も企画している。

 吉川由紀子会長は「騒いでいた子どもたちが静かに耳を澄ませる姿を見て、わらべ歌の魅力を再確認した。お母さんたちの癒しにつながることができて良かった」。演奏した中津さんは「子どもたちも一緒に盛り上がってくれて、一体感を感じることができた。少しでも皆さんの癒しにつながったならうれしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞