龍江の神明社で春季例大祭開く

文化・芸能

[ 2010年 4月 15日 木曜日 9時07分 ]

 飯田市龍江3区の神明社(市瀬貞人氏子総代長)はこのほど、春季例大祭を開いた。地元小学生による浦安の舞が奉納され、保護者や子どもたちなどでにぎわった。

 同神社の創建の年代は明らかではないが元禄3(1609)年の記録が残っている。明治5(1872)年の学制頒布で小学校としても使われた。龍江3区約250戸が氏子となり、元旦、祈願、建国、春秋季例大祭などの神事が雅楽の演奏にあわせて執り行われ、春秋の例大祭には小学生による浦安の舞が奉納されている。

 浦安の舞は以前、結婚前の若い女性により舞われていたが、一時期中断され、10年ほど前に復活。以後毎年、その年の小学6年生が受け継いできた。

 雅楽による神事の後、いよいよ浦安の舞を奉納。3月末ごろから前年に舞った中学生に教わりながら舞を練習してきたという子どもたち。保護者もカメラやビデオで撮影していた。

 市瀬総代長は「年々神社を訪れる人も少なくなってきている。子どもたちや保護者が一生懸命受け継いでいる舞を多くの人に知ってもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞