最後の展覧会華やかに 12月閉館の中電ギャラリー

文化・芸能

[ 2014年 11月 28日 金曜日 12時04分 ]

 12月の閉館が決まっている飯田市吾妻町の中電ふれあいギャラリーで、最後の展覧会が同月2日まで開かれている。“独創無手勝流家元”を名乗る飯田市滝の沢の長沼紙郎(本名・久夫)さんが「謝恩お名残り舞台」と題して、創作人生60年の集大成といえる自作の押絵羽子板、歌舞伎人形などを会場いっぱいに展示している。

 長沼さんは芸所飯田の情緒が色濃かった馬場町に生まれ、扇町にあった大松座で母親と歌舞伎を見たことがきっかけで「美しくはかないもの」(長沼さん)に心を引かれるようになり、10代から歌舞伎の舞台写真や浮世絵などを参考に、自己流の作品を作るようになった。

 過去に3回ほど個展を開いた同ギャラリーには思い入れがあり、今展は予定されていた展覧会がキャンセルになったと知って「できるだけ華やかな雰囲気にして千秋楽を飾りたい」と開催。「傾城」と題したおいらんなどの人形36体、江戸の粋な雰囲気が漂う押絵羽子板25点、美人画を中心とした押絵を展示している。

 長沼さんは「最終回は望んでもできないが、よい機会を与えてもらえた。閉館は残念だけれど、最後にふさわしい華やかな雰囲気にしたつもり」と笑顔で話した。

 来場者は「どれも素晴らしくて見入ってしまう」と話しながら、美しさにこだわった作品の数々をじっくりと鑑賞している。

 同ギャラリーは1974(昭和49)年8月に開設。地元のグループ、個人に1週間ずつ無料で貸し出していたが、コスト削減策の一環として閉鎖されることになった。年末の恒例だった歳末チャリティー展は行わない。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52