60歳以上の音楽イベント「華齢なる音楽祭」

文化・芸能

[ 2015年 9月 24日 木曜日 8時18分 ]

 出演者全員が60歳以上の音楽イベント「華齢(かれい)なる音楽祭」が20日、同市鼎文化センターで開かれた。県外も含め、15団体が出演し、合唱やハーモニカ、三味線、大正琴など多彩なジャンルで練習の成果を披露し、満席の観衆を魅了した。

 「健康長寿で全国から注目される長野県内にあって、音楽活動をしている高齢者たちの多様なグループに、地域文化の重要な担い手であることを再認識してもらおう」と、飯田市川路出身で神奈川藤沢市在住の出版編集者、福島茂喜実行委員長が企画し、母校の飯田高校の同窓生や知久町のライブハウス「キャンバス」、音楽仲間などと実行委員会を立ち上げ、3年前から毎年開いている。

 3回目の今回も初回から掲げている「飯田から全国、さらには世界に広げ、小さな世界都市を体現する」の夢に向けて準備を重ね、本番を迎えた。

 ステージには、飯伊の団体を中心に15団体が登場。そろいの衣装や一張羅に身を包み、それぞれ練習を重ねた2―3曲を発表した。

 飯田高校の卒業生ら在京者が中心となる「華齢なる合唱団」は、「小さな木の実」など2曲を合唱。パートごとに個性を発揮しながら、豊かなハーモニーをつくり上げた。

 歌手で日本国際童謡館の大庭照子館長が友情出演。長生き音頭や自身が作詞作曲した「笑顔のマーチ」などを披露した。

 今回も地元の高校生らが設営や介助を支援した。

 福島実行委員長は「加齢を吹き飛ばす華齢なる音楽会を一堂に会して楽しもうというのが趣旨。飯田から世界へのこの楽しく意義あるイベントの輪を広げていけたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30