「お正月セット」新登場 あなん便ギフトの発送始まる

南信州経済

[ 2014年 11月 24日 月曜日 12時39分 ]

 阿南町の特産品を詰め合わせた「あなん便」冬季ギフトセットの発送作業が21日、同町東条の信州あなんトータルマーケティング(信州アトム)で始まった。五平餅やアマゴ、刺身コンニャクなど阿南町の味を盛り込んだこれまでのセットに加え、今回から新たに餅や菓子を盛り合わせた「お正月セット」(3000円)も加わり、来年1月下旬まで受け付ける。

 町内8人の生産者でつくる加工品生産グループ「祭り街道おあがりて連」と出荷を担う信州アトムによる恒例の取り組み。中元や歳暮向けに町内から遠方への贈答のほか、関東や中京方面で暮らす同町出身者らが利用し、昨年度は210セットを販売した。

 リピーターも増える中、新登場した「お正月セット」は、紫米の吉祥もち、福袋柚子、草かんむりのおまつり菓子に阿南学園で作ったしゃもじを加えたセット。これまでの3000円セット(五平餅、あまご甘露煮、さしみコンニャク、小梅干、どんこ椎茸、ゆずみそ)や、5000円セット(五平餅、あまご姿焼き、さしみコンニャク、切り餅、かつお梅)、2500円以上から注文を受け付ける単品セットもある。

 この日、信州アトムの事務所で初出荷作業に参加し、梅干しや切り餅を生産している女性(76)は「昔ながらの地元の味を忘れてほしくない」と語り、同グループ代表の金子聰子さんは「町のみんなで頑張っている。口コミでの広がりに期待したい」と話した。

 毎週火曜まで受け付け、金曜日に発送する。問い合わせ、申し込みは信州アトム(電話0260・31・1300)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞