「信州物味湯産手形(ものみゆさんクーポン)」5年目迎え全県版に

南信州経済

[ 2014年 4月 3日 木曜日 13時15分 ]

 信州物味湯産手形(ものみゆさんクーポン)の販売が1日、始まった。5年目を迎えたことしは信州・長野県観光協会の発行の事業へと拡大した。飯田下伊那をはじめ県内64の温泉施設から12カ所の湯巡りを楽しめる。

 2010年に南信州観光連携プロジェクト会議で始まった事業。県外観光客のリピート利用や他県との差別化、各温泉施設の回遊効果などを狙ったもの。当初は昼神温泉を中心に飯田下伊那の19施設が参加したが、年を重ねるごとに徐々にエリアと対象施設が拡大し、ことしから県観光協会が発行する事業へと発展した。

 冊子は1冊1300円(税込)。県内の観光スポット(物)、名物食事処(味)、温泉(湯)、土産物・農産物直売所(産)を網羅したガイドブックになっており、付録として大判の県広域マップもついている。

 冊子を利用することで12カ所の温泉で無料で入浴ができる他、300を超える施設で割り引きなどの特典を受けることができる。掲載された入浴施設(飯伊では7施設)やエリア内の観光案内所などで販売しており、購入日から1年の利用が可能だ。

 阿智村の昼神温泉観光局で同手形の発行を担当してきた岡庭智之さんは「連泊する観光客への県内周遊やリピーターとしての利用が期待できる。県内の各温泉地が広域的に連携することで、県として他県に負けない魅力を発信していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞