「味はもんだい梨」 飯伊のひょう害ナシ販売

南信州経済

[ 2014年 9月 1日 月曜日 12時16分 ]

 県内のAコープ31店舗は30、31の両日、5月29日の降ひょうで被害を受けた飯田下伊那産ナシの販売促進を展開している。生産しているJAみなみ信州は「味はもんだい梨(なし)」のキャッチコピーで長期的な販促を行い、5キロ箱5000ケースを販売する予定だ。

 5月29日、大気の乱れから発生した降ひょうは、松川町や高森町、豊丘村、喬木村、飯田市上久堅、同市南信濃など広い範囲に及んだ。

 果樹産地の松川町などでは、最大で100円玉ほどの大きな粒が10分間ほど降った地域もあり、成長中の果実に当たって傷が付く、打撲や擦れの被害が発生。摘果を終え、残した中心果が被害を受ける農家もあった。

 果実の表面にデコボコやサビがあっても、皮をむき、打撲部分を取り除けばおいしく食べられることから、JAみなみ信州の営農部販売課が「味はもんだい梨」のキャッチフレーズを設定。説明書きを添え、幸水、豊水、サンセーキ、南水などの被害果を販売する計画を立てた。

 30、31日は被害野菜の全県的な販売などで実績のあるAコープが販促を実施。幸水5キロ(13―14個入り)を990円で一斉販売した。

 飯田市桐林のA・コープあいぱんいいだ店は、正面玄関に特設コーナーを設けて販促。説明書きとともに20箱を並べてPRした。

 吉川金俊店長(50)は「農家の皆さんが一生懸命に育てたナシ。味は同じなので、しっかり売っていきたい」と話していた。

 両日はこの他、JAみなみ信州が浜松市で販促活動を行っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

多世代が味わえるものに

2月29日土曜日14:28

「飯田城の紅梅」ほころぶ

2月29日土曜日14:12

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞