「味はもんだい梨」 飯伊のひょう害ナシ販売

南信州経済

[ 2014年 9月 1日 月曜日 12時16分 ]

 県内のAコープ31店舗は30、31の両日、5月29日の降ひょうで被害を受けた飯田下伊那産ナシの販売促進を展開している。生産しているJAみなみ信州は「味はもんだい梨(なし)」のキャッチコピーで長期的な販促を行い、5キロ箱5000ケースを販売する予定だ。

 5月29日、大気の乱れから発生した降ひょうは、松川町や高森町、豊丘村、喬木村、飯田市上久堅、同市南信濃など広い範囲に及んだ。

 果樹産地の松川町などでは、最大で100円玉ほどの大きな粒が10分間ほど降った地域もあり、成長中の果実に当たって傷が付く、打撲や擦れの被害が発生。摘果を終え、残した中心果が被害を受ける農家もあった。

 果実の表面にデコボコやサビがあっても、皮をむき、打撲部分を取り除けばおいしく食べられることから、JAみなみ信州の営農部販売課が「味はもんだい梨」のキャッチフレーズを設定。説明書きを添え、幸水、豊水、サンセーキ、南水などの被害果を販売する計画を立てた。

 30、31日は被害野菜の全県的な販売などで実績のあるAコープが販促を実施。幸水5キロ(13―14個入り)を990円で一斉販売した。

 飯田市桐林のA・コープあいぱんいいだ店は、正面玄関に特設コーナーを設けて販促。説明書きとともに20箱を並べてPRした。

 吉川金俊店長(50)は「農家の皆さんが一生懸命に育てたナシ。味は同じなので、しっかり売っていきたい」と話していた。

 両日はこの他、JAみなみ信州が浜松市で販促活動を行っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10