「啓翁桜」の出荷を準備 JAみなみ信州 現在は6件が生産

南信州経済

[ 2018年 3月 5日 月曜日 15時45分 ]

啓翁桜のふかし作業

 卒業式や入学式などのイベント用として需要が高い花き「啓翁桜」の出荷に向けた作業が飯田下伊那地域で本格化している。2~3月の農閑期に出荷でき、遊休農地対策や景観の維持につながるとして、JAみなみ信州が8年前から栽培を推進。主に中京、関西方面に出荷している。

 啓翁桜は、苗を植えてから出荷できるまで5年間が必要。現在は山間部の農家6件で、年間約2000本を出荷している。

 松川町生田の大蔵昌弘さん(74)方では、外気温より高い室内に水揚げして保管するふかし作業が始まった。

 先月22日から枝を切る作業を進めていて、枝は100~120センチの長さに切りそろえられている。ふかしは、通常より早く咲かせるための作業で、今後に出荷を始め、3月末までに約500本を出す予定という。

 大蔵さんの農地は急傾斜地で、年間を通じて多種類の花きを露地で栽培している。桜は15年ほど前に苗を植えており、同JA管内ではいち早く5年前から出荷している。

 大蔵さんは「2月~3月の農閑期に出荷できるのでとてもありがたい。冬の間に使わないハウスなどの施設がある人はぜひ挑戦してみて」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52