平谷村産米の甘酒味わって 待望の日本酒も販売へ

南信州経済

[ 2015年 12月 8日 火曜日 13時47分 ]

 ことしの平谷村産酒米を利用した甘酒「ひらや あま酒」が、村内の温泉施設やスキー場などの観光施設や各商店で販売されている。甘酒の生産は昨年に引き続き2年目。今回は待望の村産酒米の日本酒も登場する予定だ。

 村内の遊休農地を活用した酒米作りは昨年からスタート。村の地域おこし協力隊員と村産業建設課職員が、伊那市の酒造会社「宮島酒店」の協力のもとで取り組んできた。

 当初から日本酒作りを目標にしたが、昨年は予定の収量に届かなかったためやむなく甘酒に切り替えた。雑穀の混入もあったが農薬をほとんど使わない安全な栽培と、砂糖などの添加物を使わない昔ながらの素朴な味わいが好評を博した。

 ことしは倍の面積の60アールで酒米をつくり、3倍を超える1740キロを収穫し、日本酒用(1020キロ)と甘酒用(720キロ)の両方を生産できる量を確保した。新米を使った甘酒は2220本を製造し11月末ごろから販売を始めた。

 今回は雑穀の混入が少なく、前回よりも見た目が白く、まろやかな味に仕上がった。ヨーグルトや牛乳、焼酎で割っても楽しめる。1本750グラム入りで税込み800円。

 日本酒は現在醸造中。年明けごろから300ミリリットル、720ミリリットルびんと1・8リットルびんの3種類で村内の酒店で販売する予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01