「次郎長貨幣」8日発売

南信州経済

[ 2020年 8月 5日 水曜日 15時47分 ]

 飯田市の飯田銀座商栄会は8日、1万円で1万7000円分の買い物ができるプレミアム率70%の商品券「銀座次郎長貨幣」を加盟14店舗で発売する。100冊限定でオリジナルのエコバッグ付き。同日から20店で利用できる。

 新型コロナウイルスの影響でいいだ人形劇フェスタ、飯田りんごんなど夏イベントの中止が相次ぐ中、「飯田下伊那の皆さんに元気を出してもらおう」と初めて発行。2022年3月の飯田お練りまつりに向けて気運を高めようと、銀座の出し物「飯田銀座次郎長道中」にちなんだ名称とした。

 1冊(1000円券17枚つづり)1万円。地域の起爆剤となるよう、7000円上乗せのお得感にこだわり、このほど販売が始まった飯田市プレミアム付き商品券との併用も可能とした。

 特典のエコバッグは、レジ袋の有料化に合わせて作った小型のサブバッグで、英字新聞風のデザインに飯田丘のまちフェスティバルと銀座のマスコットキャラクター「なみきちゃん」「ギンタくん」をあしらった。

 次郎長貨幣の販売店舗と利用可能店舗は、店頭のポスターで確認できる。使用期限は11月30日まで。

 寺澤健司会長(45)は「まだ自粛ストレスがあると思うが、次郎長貨幣が皆さまにとって元気の源になれば。地域に密着した商店街として、引き続きできることを考えたい」と話している。

◎写真説明:次郎長貨幣とオリジナルのエコバッグ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞