「清内路かぼちゃ」と「もちパイ」がコラボ

南信州経済

[ 2014年 11月 1日 土曜日 13時22分 ]

 県の伝統野菜「清内路かぼちゃ」と新感覚和菓子「もちパイ」をコラボした「清内路かぼちゃもちパイ」が、伊那谷の風菓子「船橋屋」=本店工場・飯田市山本=から発売された。31日に県下伊那地方事務所の「おいしい記者会」で発表した。

 もちパイは、大福餅をパイ生地で包んだ新感覚和菓子。同社の主力商品の1つで、通年商品の「大福もちパイ」「草もちパイ」に加え、季節のもちパイも作っている。

 今回開発した清内路かぼちゃもちパイは、清内路かぼちゃのもつ甘みを生かした“かぼちゃあん”とパイ生地のバターの風味が大変相性よく、餅のモチモチ感とパリパリとしたパイ生地が食感の上でも楽しめると好評発売中。

 同社の販売統括部長は「季節のもちパイは抹茶もちパイや桜もちパイ、チョコもちパイなどをお客さんの反応を見て作っている。その中でも、かぼちゃもちパイはおいしく召し上がっていただけるように作れたと思う」と自信を示す。昨年まで使っていた北海道のかぼちゃに比べ、清内路かぼちゃは甘くてかぼちゃの風味がさっぱりとした感じがよく「商品の差別化ができた」と語る。

 商品開発にあたっては、県中小企業振興センターマーケティング支援センターの消費財販路開拓推進員から「伝統野菜の清内路かぼちゃの生産量を増やしたい」と同社に話を持ちかけられた。

 同社では「できるだけ地元の材料を使い、農産物の地産地消につなげたい」と、清内路かぼちゃ保存会から30個・80キロを仕入れ、9月の終わりに甘みの調整を行って商品化した。

 10月16日から1個135円(税別)でアップルロード店と上郷店で販売を始め、すでに800個ぐらい売れているという。材料がなくなりしだい販売を終了するが、11月いっぱい販売の予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48