「源助じいさんのおはづけ」 “熟成”の販売開始

南信州経済

[ 2015年 3月 4日 水曜日 13時05分 ]

 泰阜村商工会特産品開発部会は2日、特産品である源助かぶ菜を使った漬物「源助じいさんのおはづけ」の“熟成”の販売を開始した。1~2カ月漬け込んだことでまろやかな味が楽しめる。

 同村は信州の伝統野菜に認定される源助かぶ菜の伝承地の一つ。源助かぶなは明治時代に愛知県西春村(現北名古屋市)の2代目、井上源助氏が伊那谷に伝えたかぶ菜。源助氏は泰阜村の岡本浩三さん方を拠点に普及活動を続け、現在は岡本さんが純系種の保存に取り組んでいる。

 源助かぶ菜は野沢菜と違い根元から葉が伸び、葉先は丸みを帯びてしゃもじ状になっているのが特徴。霜に数回あてることで葉の色が赤紫色になり独自の柔らかさと甘味を出す。冬の終わりにかけて販売される“熟成”は、じっくりと漬け込んで味が落ち着いている点が通常のものと異なり、人気の商品だ。

 昨年は収穫量が少なく熟成の商品化が減ったものの、ことしは十分な量を確保したといい、1袋300グラム入りを400円で販売している。問い合わせはヒガシ(電話0260・26・2014)か、山田屋商店(電話0260・25・2036)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22

コロナ対策 検査キット2万4000セット無料配布へ

7月28日水曜日15:38

リニア残土運搬新案に松川町「具体的な安全対策を」

7月27日火曜日15:25








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞