「飯田まちなか観光講座」 開催~各商店を観光案内所に

南信州経済

[ 2012年 6月 7日 木曜日 15時39分 ]

 飯田中心商店街連合会(神藤偉司会長)は5日、6月から取り組む新規事業「飯田商店街まちなか観光おもてなし事業」の一環として、飯田中心市街地の観光の現状を学ぶ「飯田まちなか観光講座」を開催した。各商店の店主ら約30人が参加。飯田観光ガイドの会、藤岡みゑ副会長を講師に招き、観光客のニーズなど、現状や課題について認識を深めた。

 同事業は、各商店が観光客らに対し市内観光ができる体制を整え、地域の旬な情報をサービスの一環として提供することで、リピーターの確保および消費拡大を目指す。飯田駅前観光案内所(結いの駅)や本町プラザまちなかインフォメーションなどと連携し、「おもてなし」の体制を徐々に強化していく。参加店舗は約100店。「飯田まちなか案内所」と記された案内所認定ステッカーの掲示が参加店の目印となる。

 講演で藤岡さんは「観光客と地元との関わりが薄い」と指摘。「名所旧跡に限らず、商店一つ一つ、街なかすべてが観光の素材となる。観光と日常が一体化することが大切」と呼び掛けた。また、講演後の意見交換では、「街の歴史に興味を持つ観光客が多いように感じるが、歴史的な文化財などの整備がおざなりになっている。ハード面の整備を行政に働き掛けていく必要がある」、「街の今と昔の変化が一目で分かるような地図を作ったらおもしろい」などの意見が寄せられた。参加者の一人は、「日頃からお客さんに観光する場所を聞かれることが多いため参加した。短時間で回れる場所を知りたいという声が特に多い。満足してもらえる場所を案内できるよう、勉強していきたい」と話していた。

 神藤会長は「観光で訪れた人の琴線に触れる、真心込めたサービスで心を満たしてもらい、また来たいと思ってもらえる街にしていきたい。そのためにはまず知識が必要。今後も講習会などを開催していく」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52