あららぎスキー場が今シーズン営業休止へ

南信州経済

[ 2018年 11月 22日 木曜日 15時36分 ]

スキー客でにぎわったあららぎ高原スキー場

 阿智村浪合のあららぎ高原スキー場は、今シーズンの営業を休止する。運営するあららぎ(名古屋市)によると、スキー客の減少とともに暖冬や経費の増加など厳しい経営が状態が続いていた。来シーズン以降の営業再開も厳しい見通しで、事業承継者も探している。

 同スキー場は1989年にオープン、広さは約21万平方メートル。スノーボードを中心に子どもからシニアまでの幅広いスキーヤーが楽しめるスキー場運営を続けてきた。

 近年は暖冬傾向が続き3月まで営業できない年もあったほか、若者を中心としたスキー・スノーボード人口の減少により入場者数が低迷。2基あるリフトのうち1基で営業を続けた。

 同社が営業するゴルフ場「あららぎカントリークラブ」は、冬季の休業はあるもののこれまで通り営業する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13

飯田の街にも春到来

3月23日月曜日15:17

“つなぎ舟”の進水式

3月21日土曜日14:10

人面把手付土器が出土

3月21日土曜日14:34

“15の春”に喜びあふれ

3月19日木曜日15:20








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞