おいしい記者会で天龍村産ゆず商品発表

南信州経済

[ 2017年 3月 23日 木曜日 16時57分 ]

001yuzu

 天龍村特産のゆずを活用した氷菓「ゆずジェラート」と「ミルクゆずジェラート」の2種類の商品発表が23日、県下伊那地方事務所の「おいしい記者会」であった。4月1日の販売開始を前に、同村の小中学生と先生にゆずジェラートを試食してもらったところ「甘みと酸味のバランスがちょうど良い」と大変好評だったことから、新しいゆず商品として期待されている。

 開発したのは、2015年7月に同村ありが隊(地域おこし協力隊)に入った柏原亜希さん(25)。広島県尾道市因果島出身の柏原さんは、村内に放置されているゆずの実がぽとぽと落ちて腐ったり、サルなどの餌になっているのを見て、このゆずを何とか活用できないかと考え、動き出した。

 昨年5月に愛知県豊川市のイベントで物品販売時に就労継続支援の「ワークホーム ハピネス」と知り合った。柏原さんが始めた「天龍ゆずっ娘プロジェクト」の話をしたところ、共感してもらい、「天龍村のゆずを購入し、ゆずジェラートを製造したい」と提案された。同年秋に収穫したゆずを使い、香り高くておいしいジェラートを作ってくれたという。

 柏原さんは「天龍村の人のあたたかさ、ほっこりした雰囲気を知ってもらうため、ゆずの村をPRしたい。村の人にもゆずの価値のすごさを知ってほしい」と話している。

 商品は2種類ともカップ(120ミリリットル)とバット(4リットル)で販売。価格は1カップ300円(税込)。販売箇所は天龍村ありが隊(役場内)、おきよめの湯、龍仙閣。商品の問合わせ先は、柏原さん(080・6314・9927、0260・32・2001)。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30