お酒の多彩な魅力を堪能 喜久水酒造の「新酒まつり」

南信州経済

[ 2017年 3月 27日 月曜日 15時43分 ]

新酒まつりで振る舞い酒

 飯田市鼎切石の喜久水酒造で25日、多彩な新酒を心行くまで堪能できる「新酒まつり」が開催された。この日だけの限定酒の試飲販売をはじめ、「酒袋吊し搾り」、「搾りたて生原酒」、「燗酒(かんざけ)」、「甘酒」と酒のさまざまな魅力を堪能できる充実の試飲コーナーと、飯田下伊那を中心に全国各地から訪れた、愛酒家らの笑顔が広がった。

 7年目を迎えた同イベントは、「この日にしか飲むことの出来ないお酒など、多彩なお酒を楽しめる」と毎年好評で、ことしも約500人が来場。仲間らとの談笑をさかなに、多彩なお酒を楽しんだ。

 また、人気企画となっている酒の銘柄を当てる「きき酒大会」や、「酒粕詰め放題」にも多くの参加者。きき酒大会では一転、真剣な表情で自身の舌を試す姿も見られた。

 同社の加藤昇社長は「一人当たり3合分ほどのお酒を用意させていただいた。純米や吟醸の原酒をはじめ搾りたて生原酒、熱燗、甘酒、シードルと、いろいろなお酒を楽しんでもらいたい。県内外や春休みで帰省した若者など、幅広い世代の人に足を運んでいただきうれしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞