さわやかな香り漂わせ JA 小梅の出荷始まる

南信州経済

[ 2017年 5月 22日 月曜日 15時27分 ]

出荷された竜峡小梅(豊丘村で)

 飯田下伊那特産の竜峡小梅と飯田小梅の出荷が22日に始まった。豊丘村のJAみなみ信州総合集荷販売センターでは、さわやかな香りの竜峡小梅1・6トンを出荷。出荷は昨年より1週間遅く、やや小玉傾向にある。

 飯伊の小梅は2000年頃まで年間約2000トンを出荷していたが、外国産梅の増加による価格の下落と生産者の高齢化、老木化により生産量が漸減し、14年から400トンを割り込んだ。

 昨年は霜の影響で加工用100トン、青果40トンに落ち込んだ。今年は小玉傾向を踏まえて加工用130トン、青果50トン、全体で200トン程度の出荷を見込んでいる。

 出荷先は県内と中京方面が中心で、加工用はカリカリ漬けの原料として業者に、青果用は卸売市場に出荷される。

 果実課の影原直樹さん(38)は前日に収穫された実について「昨年は非常に少なかったが、今年は天気がよく病気がない。良い実だと思う」と話し、総合集荷販売センターで出荷作業にあたった。

 JAでは「生産量は減ってはいるが、維持を図りたい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞