さわやかな香り漂わせ JA 小梅の出荷始まる

南信州経済

[ 2017年 5月 22日 月曜日 15時27分 ]

出荷された竜峡小梅(豊丘村で)

 飯田下伊那特産の竜峡小梅と飯田小梅の出荷が22日に始まった。豊丘村のJAみなみ信州総合集荷販売センターでは、さわやかな香りの竜峡小梅1・6トンを出荷。出荷は昨年より1週間遅く、やや小玉傾向にある。

 飯伊の小梅は2000年頃まで年間約2000トンを出荷していたが、外国産梅の増加による価格の下落と生産者の高齢化、老木化により生産量が漸減し、14年から400トンを割り込んだ。

 昨年は霜の影響で加工用100トン、青果40トンに落ち込んだ。今年は小玉傾向を踏まえて加工用130トン、青果50トン、全体で200トン程度の出荷を見込んでいる。

 出荷先は県内と中京方面が中心で、加工用はカリカリ漬けの原料として業者に、青果用は卸売市場に出荷される。

 果実課の影原直樹さん(38)は前日に収穫された実について「昨年は非常に少なかったが、今年は天気がよく病気がない。良い実だと思う」と話し、総合集荷販売センターで出荷作業にあたった。

 JAでは「生産量は減ってはいるが、維持を図りたい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞