さわやかな香り漂わせ JA 小梅の出荷始まる

南信州経済

[ 2017年 5月 22日 月曜日 15時27分 ]

出荷された竜峡小梅(豊丘村で)

 飯田下伊那特産の竜峡小梅と飯田小梅の出荷が22日に始まった。豊丘村のJAみなみ信州総合集荷販売センターでは、さわやかな香りの竜峡小梅1・6トンを出荷。出荷は昨年より1週間遅く、やや小玉傾向にある。

 飯伊の小梅は2000年頃まで年間約2000トンを出荷していたが、外国産梅の増加による価格の下落と生産者の高齢化、老木化により生産量が漸減し、14年から400トンを割り込んだ。

 昨年は霜の影響で加工用100トン、青果40トンに落ち込んだ。今年は小玉傾向を踏まえて加工用130トン、青果50トン、全体で200トン程度の出荷を見込んでいる。

 出荷先は県内と中京方面が中心で、加工用はカリカリ漬けの原料として業者に、青果用は卸売市場に出荷される。

 果実課の影原直樹さん(38)は前日に収穫された実について「昨年は非常に少なかったが、今年は天気がよく病気がない。良い実だと思う」と話し、総合集荷販売センターで出荷作業にあたった。

 JAでは「生産量は減ってはいるが、維持を図りたい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞