さんさんファームが黒豚の新商品開発 味噌漬けとハンバーグ

南信州経済

[ 2016年 8月 30日 火曜日 16時59分 ]

新商品「黒豚味噌漬け」と「黒豚ハンバーグ」

 南信州こだわりの黒豚を飼育し肉加工を行っている松川町大島の農業法人「さんさんファーム」は、新商品「黒豚味噌漬け」と「黒豚ハンバーグ」を開発し、9月15日から工場併設の直売所「森の家」で販売を始める。30日に下伊那地方事務所で開いた「おいしい記者会」で発表した。

 

 同社は1998年に設立し法人化。出荷(120キロ)までの飼育期間が6カ月の白豚より1、2カ月長く、飼料効率はわるいが原種に近く肉質がやわらかで脂の良い黒豚を育てている。黒豚のえさには遊休農地を利用して飼料米を栽培して提供してもらっている。

 

 同社は昨年6月に「黒豚野菜入りフランクソーセージ」「黒豚りんご入りフランクソーセージ」を開発、発売した。今回開発した2商品も主な原料は同社が「じっくりこだわって育てた松川生まれ松川育ちの黒豚」を使用している。

 

 黒豚味噌漬けの味噌は同社が遊休農地で栽培した大豆を使い、化学添加物を極力使わない製法で開発した。黒豚ハンバーグに入れるタマネギも自社で栽培したものを使用。牛乳や卵、パン粉、塩、こしょうにもこだわった。

 

 同社で食肉加工を担当する専務(47)は「黒豚をより多くの方に提供したいと考え商品化した。子どもから大人まで家族で楽しんでいただきたい」とPRしている。

 

 価格(税抜き)は、黒豚味噌漬けが1枚入り100グラム真空包装400円、3枚入り180グラム真空包装600円、黒豚ハンバーグが1袋110グラム真空包装400円。商品の問い合わせは、同社(電話0265・36・6608)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号