さんさんファームが黒豚の新商品開発 味噌漬けとハンバーグ

南信州経済

[ 2016年 8月 30日 火曜日 16時59分 ]

新商品「黒豚味噌漬け」と「黒豚ハンバーグ」

 南信州こだわりの黒豚を飼育し肉加工を行っている松川町大島の農業法人「さんさんファーム」は、新商品「黒豚味噌漬け」と「黒豚ハンバーグ」を開発し、9月15日から工場併設の直売所「森の家」で販売を始める。30日に下伊那地方事務所で開いた「おいしい記者会」で発表した。

 同社は1998年に設立し法人化。出荷(120キロ)までの飼育期間が6カ月の白豚より1、2カ月長く、飼料効率はわるいが原種に近く肉質がやわらかで脂の良い黒豚を育てている。黒豚のえさには遊休農地を利用して飼料米を栽培して提供してもらっている。

 同社は昨年6月に「黒豚野菜入りフランクソーセージ」「黒豚りんご入りフランクソーセージ」を開発、発売した。今回開発した2商品も主な原料は同社が「じっくりこだわって育てた松川生まれ松川育ちの黒豚」を使用している。

 黒豚味噌漬けの味噌は同社が遊休農地で栽培した大豆を使い、化学添加物を極力使わない製法で開発した。黒豚ハンバーグに入れるタマネギも自社で栽培したものを使用。牛乳や卵、パン粉、塩、こしょうにもこだわった。

 同社で食肉加工を担当する専務(47)は「黒豚をより多くの方に提供したいと考え商品化した。子どもから大人まで家族で楽しんでいただきたい」とPRしている。

 価格(税抜き)は、黒豚味噌漬けが1枚入り100グラム真空包装400円、3枚入り180グラム真空包装600円、黒豚ハンバーグが1袋110グラム真空包装400円。商品の問い合わせは、同社(電話0265・36・6608)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍に霜月祭り開幕

12月5日土曜日13:36

「新幹線並みの乗り心地目指す」

12月5日土曜日13:48

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞