なかひら農場が果汁100%炭酸ジュース開発

南信州経済

[ 2013年 1月 26日 土曜日 14時15分 ]

 松川町大島の農業生産法人、株式会社なかひら農場(中平孝雄代表取締役社長)は25日、日本初となるストレート果汁100%炭酸ジュースを開発したと発表した。

 長野県農商工連携支援基金助成金(県中小企業振興センターによる助成金交付事業)を活用。松川町産りんご(サンふじ)と塩尻市産ぶどう(コンコード)の100%搾りたて果汁に炭酸を加えた。濃厚なワインのような味でありながら、炭酸の爽やかさも感じられる。お年寄りから子どもまで気軽に飲めるほか、アルコールと混ぜてフルーツカクテルとしても楽しめる。

 県飯田合同庁舎で会見した中平社長は「20年間りんごジュースを作っている。一昨年あたりから炭酸ブームを受け、おいしくて体にいいものをつくるには炭酸を入れたらどうかと『ますや農園』と共同で開発に取り組んだ」と説明。「今まで大手がやらなかったのは効率が悪いため。いろんなりんごジュースに炭酸を加えてみたが、自分で搾ったのが一番おいしい。ロック(パテント)をかけなくてもいい」と自信を示した。

 開発を進める中で、首都圏百貨店、高級スーパーでモニタリングを兼ねた試験販売を行い、バイヤーから好感触を得たため、2月中旬に開かれるスーパートレードショーに大々的に出品していきたい考え。自社インターネットショッピングサイト、自社店頭でも販売を予定している。

 開発した商品は「なかひら特性のSparking juice 100」林檎、葡萄。価格(税込み)は、300ミリリットル入り980円、720ミリリットル入り1500円。問い合わせは、なかひら農場(電話0265・36・3206)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15