りんご並木でシードルコレクション 県内産60銘柄一堂に

南信州経済

[ 2018年 5月 28日 月曜日 15時45分 ]

おいしいシードルに会話も弾む

 NPO国際りんご・シードル振興会(後藤高一理事長)=事務局・飯田市知久町=は26日、飯田市中心市街地のりんご並木で、長野県産のシードル約60銘柄(出展者数32)が一堂に会し、飲み比べを楽しむことのできる「ナガノシードルコレクションin飯田」を開いた。竹宵まつりとの同時開催に、多くの人出。爽やかな風が吹き抜けるりんご並木で、リンゴのお酒でのどを潤した参加者らは、生産者らとの会話を弾ませながら、りんご並木やシードル生産に込められた「ストーリー」も楽しんだ。

 同コレクションは、シードルの認知度向上、消費拡大をはじめ、生産者同士や生産者と消費者とのつながりを生むことなどを目的に昨年初めて同市錦町のシルクホテルで開催し、県外からも多くの若者が訪れるなど盛況。ことしは、「屋外の開放的な雰囲気の中で楽しんでもらいたい」、「飯田でリンゴといえばりんご並木」と、同所での開催を決めた。

 地元の飯田下伊那地域をはじめ、飯綱、千曲、須坂、佐久、軽井沢、伊那など、県内各地のシードル生産者がオリジナルのシードルを出品。生産者それぞれがブースを設け、商品に込めた思いやこだわりなどを伝えながら、自慢のシードルを提供した。

 後藤理事長は「天候など不安な面もあったが、屋外での開催はやはり気持ちが良い。りんご並木にたくさんの笑顔が広がる雰囲気も心地良い」と笑顔を見せた。

 昨年から同コレクションに関わっている、立教大学観光学部の東徹教授は「飯田市のシンボルりんご並木で開催することは大きな意義がある」と強調。今後、シードルツーリズムと地域ブランディングを進めていく上で、「イベントの開催にとどまらず、シードルを身近な生活の中にいかに落とし込んでいけるかがカギ」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶4 「語り継ぐ原動力に」 飯田日中友好協会泰阜の木下さん

8月21日火曜日17:48

高森町 「御大人形」がお目見え 六大学野球オールスター戦をPR

8月21日火曜日15:27

三穂小「力を結集する2学期に」 飯伊各地で始業式

8月21日火曜日15:40

記録更新へ力を発揮 陸上の飯伊選手権大会

8月20日月曜日15:34

食べて飲んで至福の1日 「飯田丘のまちバル」盛況に

8月20日月曜日15:06

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01