アンサンブル松川がヒノキ畳床を製造

南信州経済

[ 2013年 9月 4日 水曜日 9時34分 ]

 松川町元大島の知的障害者多機能型施設「アンサンブル松川」は、畳床の製造を始めた。「ウッドウール」と呼ばれる幅2ミリのヒノキを原材料にした試みで、同施設によると、商品化は全国でも珍しい。

 上片桐の工場跡地を購入、昨年12月にはわら畳を縫う長さ12メートル、幅1メートルの製畳機を導入した。町内で建築資材製造などを手掛ける竹村工業のウッドウール約20キロをヒノキの薄板と防水紙でサンドし、機械で圧縮しながら縫い付ける。一般的な化学畳やわら畳と比べ、同施設は「足触りがやわらかい」。防カビや抗菌効果などヒノキの特性も強調する。

 ヒノキを取り入れた畳床の製造例はほとんどなく、独自に研究。強度を高めたり、表面が平らになるよう試行錯誤を繰り返し、ことし7月に完成した。

 県の「信州の木先進的利用加速化事業」を活用して来月から3月にかけてモニタリングを行い、今後の販売展開に役立てる。畳床は、畳表を張る畳の芯。見えない部分の技術も知ってもらおうと、モニタリング方法を工夫しながら売り込んでいく。

 施設利用者が2002(平成14)年の開設時の18人から60人近くに増えたことから、利用者の新たな働き場にする狙い。注文が増えれば利用者の働く場が広がり、給料の確保にもつながるとみる。

 価格は化学畳と比べやや割高だが、量産できれば抑えられる見通し。1日40畳分の生産が可能といい、施設職員は「化学畳、わら畳に続く第三の畳床になるよう営業活動にも力を入れたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01