クラウドファンディング開始

南信州経済

[ 2020年 4月 24日 金曜日 15時35分 ]

 飯田市中心市街地の飲食店主らでつくる実行委員会はクラウドファンディング(CF)「南信州・みんなの街、飲食店を応援!」を創設し、24日に専用サイトを開設した。目標金額の567万2520円に対し、支援額は受け付け開始から12時間ほどで150万円を超えた。趣旨に賛同した飯田ケーブルテレビが八十二銀行の私募債を活用して寄付するなど、取り組みの輪が広がりつつある。

 「丘の上」と呼ばれる中心市街地で飲み歩きや食べ歩きを楽しむイベント「飯田丘のまちバル」の実行委員会が中心となって企画。参加の対象エリアを飯田下伊那地域全体に広げ、CFサイト「キャンプファイヤー」に特設ページを開設して支援を募っている。

 この日は、牧野光朗市長ら関係者が集まって会見し、専用サイトが開設したと発表した。正午までの12時間で、支援額は45人から計約159万円に。牧野市長は取り組みの広がりを喜び「コロナに負けない地域をつくる現れになる」と期待を寄せた。

 飯田ケーブルテレビの原勉社長は「中心市街地を含め、飲食店は極めて厳しい状況」との認識を示し、寄付に対する思いを語った。

 事務局によると、寄付した10万円はチケット印刷などCF事業の運営経費に充てられる。

 参加飲食店を公募したところ、1次分は市内外の73店舗から応募があった。2次分は30日正午まで受け付けている。

 支援方法は「プレミアム食事券購入型」と「全額支援型」の2種類。プレミアム食事券購入型は、支援者には支援額に10%分を上乗せした食事券を配布し還元する。返礼として受け取れる食事券は全店共通で、6月22日から11月30日まで使える。

 目標金額は「コロナに勝つ」の語呂にちなんで567万2520円にした。集まった支援金は参加店舗で分配する。

 実行委員長を務める熊谷芳巳さんは「大好きな飯田下伊那地域を、一致団結して明るく希望の持てる街に戻したい」と話した。問い合わせは中心市街地活性化協会内のバル実行委員会事務局(電話0265・52・1715)へ。

◎写真説明:取り組みをPRする牧野市長ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞