コロナ禍の船出を支援

南信州経済

[ 2020年 8月 24日 月曜日 15時08分 ]

 飯田、駒ケ根、伊那の3商工会議所と飯田市は22、23の両日、南信地域創業セミナー「いいだ創業塾・夏の陣(創業直前コース)」を飯田市常盤町の飯田商工会館で開いた。すでに創業した人を含む8人が受講し、コンサルタントの高橋浩士さんから、1年以内の創業に向けた計画の立て方について遠隔指導を受けた。

 昨年に続いて対象者を限定して開講。創業には逆風といえるコロナ禍という状況下でも成立しているビジネスの特徴を理解した上で、販売促進の具体策や資金・収支計画、ICTの活用法などを学んだ。

 おととしと昨年も同講座の講師を務めている高橋さんは、画面越しにやりとりする遠隔講座のデメリットを解消しようと、受講者とのコミュニケーションを意識しながら指導。「ビジネスのあり方をしっかり形にし、人に間違いなく説明できるよう書面にして」と語り掛けた。

 秋以降には創業、独立開業に向けて勉強を始めたい人を対象にした「冬の陣」を予定している。

◎写真説明:画面越しに指導する高橋さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞