「サンふじりんごグミ」を発売 信州芽吹堂とJAが共同開発

南信州経済

[ 2016年 3月 25日 金曜日 8時54分 ]

 高森町の観光土産品総合商社マツザワの子会社信州芽吹堂は、JAみなみ信州と共同開発した商品「サンふじりんごグミ」を発売した。サンふじをイメージした赤色のグミで、表面に砂糖がまぶしてあり、口に入れると甘く、かむとサンふじ独自の酸味と旨みを味わうことができるという。

 原料は同JAいいだ果実選果場内の加工施設で製造している「お母ちゃんの手づくりりんごジュース」。JA管内のサンふじだけを使用した果汁100%のジュースで、長野県ふるさと認証食品の登録を受けている。

 パッケージにはJA名を記し、安心安全な農協ブランドとしてPRしている。

 同社は「地域に貢献し、農家の困りごとの力になりたい」と、地域原材料を活用した商品開発に注力。DM事業の拡大や新たな顧客の獲得を急務と考えるJAとは、昨年4月から連携し、新商品の開発について話し合いを行ってきた。

 両者は10~20代の女性に人気があり、市場が拡大しているグミに着目。JA側がシャインマスカットや南水、柿などさまざまな果実を原材料として検討し、同ジュースに決めた。

 同社開発担当の男性(38)は「サンふじのイメージを悪くしないためにも、食感、味にこだわって数十回の試作を繰り返した」。同JA営農部販売課の課長補佐(44)は「商品を通じてサンふじの知名度が向上し、JAブランドのPRにつながればうれしい」と話した。

 1箱10粒入り230円(税別)。県内の高速サービスエリアや、同JA農畜産物直売所などで販売する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞