シャインマスカットの出荷開始

南信州経済

[ 2019年 7月 27日 土曜日 13時19分 ]

 豊丘村河野のJAみなみ信州総合集荷販売センターは26日、シャインマスカットの出荷初日を迎えた。天候の影響で糖度が上がらず、色の仕上がりが遅れるなどして今年は予定より1週間遅れでスタート。同JAによると、本年度のピークは9月中旬で、10月末ごろまでに1万ケース(1ケース5キロ)の出荷を見込んでいるという。

 初日は秀品4ケースを出荷した。同JAの技術者が園地で糖度18度以上であることを確認し、収穫。色や粒の大きさなどの基準を満たした房を専用の箱に詰めた。

 この日は大阪市の卸売市場「大果大阪青果」からも担当者が訪れ、生育状況や出荷の様子を確認した。

 JAみなみ信州営農部販売課の伊藤謙三さん(34)は「子どもから大人までおいしく食べていただいている。地元のブドウを直売所のりんごの里やおよりてファーム、もなりんなどでお買い求めいただけたら」と話した。

 既にナガノパープル、巨峰の出荷も始まり、本年度はそれぞれ5000ケースの出荷を見込む。

 出荷した果物は東京や大阪の市場を経て、海外へも届けられるという。

◎写真説明:出荷前の確認をする伊藤さん(左)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞