テイクアウト情報を発信

南信州経済

[ 2020年 4月 8日 水曜日 17時31分 ]

 新型コロナウイルス感染症の影響で地元飲食店が売り上げを落とす中、テイクアウトできるメニューを紹介して各店を応援しようと、有志2人が立ち上げたSNSのグループ「今こそ助け合い 飯田テイクアウトお店情報」が話題になっている。メンバーは開設から5日ほどで683人に到達。メニューは自薦・他薦で次々にアップされ、注文につながっている。共通パンフレットを作る計画も持ち上がり、早いテンポで準備を進めている。

 SNSのグループを立ち上げたのは、飯田市鼎一色で美容院を経営する北村崇綱さん(36)と、子育て中の介護福祉士、三浦七月さん(39)=同市上村。

 飲食店を経営する知人から「コロナウイルスの影響で客が減り、困っている」と聞いた北村さんが「少しでも力になれたら」と、自分がテイクアウトした料理をフェイスブックで紹介したところ、知り合いから予想以上に反響があり、これを見た三浦さんが「グループを作って輪を広げたらいい」と提案した。

 3日夜に立ち上げると、メンバーは1日200人のペースで増加。メニューと店の情報は店主に加え、各店の利用者からも感想付きで寄せられ、飲食店からは「けっこう電話予約が増えた」「来店いただいたことのない人からも注文が入り、ありがたい」といった感謝の声が聞かれるという。

 美容院経営に加え、PR事業も始める計画がある北村さんは「共通パンフが欲しい」というメンバーの声に応え、クラウドファンディングで資金を集めて実行に移す考え。三浦さんとともに準備を進めている。

 クラウドファンディングで1000円を寄付した人には、店への応援メッセージが書き込める500円分のクーポン券を進呈する予定。

 北村さんは「地元の飲食店が危機を迎えている。形を変えての販売を応援してもらえたら。状況は刻々と変わるので柔軟に対応していきたい」と話している。

 SNSはフェイスブックとインスタグラム。問い合わせはグラバーズヘア(電話0265・49・8359)へ。

◎写真説明:SNSを更新する北村さん(左)と三浦さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞