テークアウトで応援を

南信州経済

[ 2021年 2月 3日 水曜日 15時37分 ]

 町内のテークアウト利用を促進しようと高森町は3日、町内飲食店の弁当を割安価格で販売する「応援弁当マーケット」を開始した。販売所の町福祉センターには各店舗から弁当が持ち込まれ、訪れた町民が次々と買い求めていた。26日までの平日に実施する。

 町が飲食店から弁当1個を800円(税込)で仕入れ、1個500円(税込)で販売する事業。町内15店舗が参加し、毎日10店舗から各10個ずつを仕入れ、計100個を販売する予定。

 初日は、午前9時からの事前受付に町内16事業所から100個を超える注文が寄せられた。110個までで受け付けを終了し、参加店舗に急きょ追加分を発注した。

 販売会場に持ち込まれた弁当は、タクシー会社とともに仕分けて注文のあった事業所に配達。自前で原材料などの表示ができない店舗には、町側が表示シールの作成に協力した。

 一般町民向けには、会場内で追加分の弁当を販売。数は少なかったものの、訪れた町民が買い求め、午前11時ごろまでに完売した。

 事業に参加した美佐登の桑名守さん(55)は「忘・新年会などの会合が一切なくなり大変な状況が続いている。金銭的な面もあるが、働くことが生きがいになる。弁当を通じて、店に来られないお客さんにも頑張っていることを伝えたい」と話した。

 壬生照玄町長は「予想以上に多くの事業所、町民から協力的な注文があった。各店舗からも内容の良いものを出してもらっている。頑張っている店を知ってもらい、直接の注文や利用につなげてもらいたい」と話した。

 町は弁当販売の他、町内全約4500世帯に2000円分(200円券10枚)のテークアウトや出前用の割引券を配布する。500円ごとに1枚(200円分)を利用可能で店内飲食は対象外。参加30店舗を掲載したチラシとともに近く全世帯に配布する。

◎写真説明:飲食店支援で町が弁当販売(高森町で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞