ヘブンスそのはらで雲海ハーバー

南信州経済

[ 2016年 10月 18日 火曜日 16時43分 ]

002阿智

 阿智村のスタービレッジ阿智誘客促進協議会(会長・熊谷秀樹村長)によるヘブンスそのはらの早朝特別営業「雲海ハーバー」が16日から、智里の同所でスタートした。中京圏や関東、県内などから連日大勢の人々が訪れ、ゴンドラとリフトで山々に広がる雲海と紅葉、ご来光を楽しんでいる。

 

 天候の影響を受けやすい星空ナイトツアーと比較して高確率(6割前後)で夜明け前の星空や日の出、雲海発生という絶景が楽しめるのが特徴だ。

 

 18日はゴンドラ乗り場周囲は霧に包まれていたものの、ゴンドラの途中から雲を突き抜けて眼下に海のように雲海が広がる光景に。標高1600メートルの展望台に多くの人々が待ち受ける中、赤く染まった南アルプスから徐々にまぶしい太陽が顔を出すと「わー、すごい」「きれー」などと歓声が上がった。

 

 軽井沢町から訪れた男性(90)は「実に見事。足が悪いので山に登ることはできないが、こうした形で見ることができてよかった」と話した。飯田市内から訪れたカップルは「雲海は初めて見たけれど想像以上。来てよかった」と喜んでいた。

 

 上りのゴンドラは午前5時半から同7時まで。日の出の時間帯はおおよそ午前6時15分から同6時半ごろになる。早朝の平均気温は5度を下回るため、防寒対策をして参加する。

 

 料金は大人3500円、小中学生1700円、未就学児は無料。ゴンドラ・各リフト券込み。ヘブンスそのはらの通常営業時間までゆったりと滞在できる。11月23日まで。問い合わせは、ヘブンスそのはら(電話0265・44・2311)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号