ホオズキの出荷ピーク~盆飾り用、中京圏中心に

南信州経済

[ 2012年 8月 2日 木曜日 15時07分 ]

 盆の花飾りにするホオズキの出荷が飯田下伊那地域で最盛期を迎えている。春先の低温など天候不順の影響があったものの、色づきや実の大きさは上々という。中京圏を主に盆前まで出荷する。

 退職後に花き栽培を本格化し、妻と二人三脚で育てている飯田市座光寺の横前章人さんのほ場でも、出荷のピークを迎えている。

 3アールの畑に立ち並ぶ幹からは、オレンジ色に輝く直径6センチほどのホオズキがいくつも垂れ、出荷を待つ状態。横前さんは色づき具合などを確認しながら、一本いっぽん根元から丁寧に切り取り、束にしてそろえた。

 春先に寒暖の差が激しかったことから発育不足が生じたり、4月下旬の乾燥で水やりが必要になったり、奇形の実ができるなど、「例年に比べて苦労が多いシーズンだった」と横前さん。大型連休以降は天候も順調に推移したため、「色づき、大きさとも前年並みになった」と安どの表情を浮かべた。

 JAみなみ信州によると、飯伊では同市や喬木、根羽村などの80件が計240アールのほ場でホオズキを栽培し、主に中京や関西圏に出荷している。

 飯伊産は質が高く、同JAは1億円規模の産地化を目指し、苗木導入支援などを通じて生産振興を図っている。今季は枝16万本、実41万個を生産する計画だ。

 飯伊では一般的ではないものの、中京圏などでは盆にホオズキを盆ちょうちんに見立てて飾る風習がある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞