ホオズキの出荷ピーク~盆飾り用、中京圏中心に

南信州経済

[ 2012年 8月 2日 木曜日 15時07分 ]

 盆の花飾りにするホオズキの出荷が飯田下伊那地域で最盛期を迎えている。春先の低温など天候不順の影響があったものの、色づきや実の大きさは上々という。中京圏を主に盆前まで出荷する。

 退職後に花き栽培を本格化し、妻と二人三脚で育てている飯田市座光寺の横前章人さんのほ場でも、出荷のピークを迎えている。

 3アールの畑に立ち並ぶ幹からは、オレンジ色に輝く直径6センチほどのホオズキがいくつも垂れ、出荷を待つ状態。横前さんは色づき具合などを確認しながら、一本いっぽん根元から丁寧に切り取り、束にしてそろえた。

 春先に寒暖の差が激しかったことから発育不足が生じたり、4月下旬の乾燥で水やりが必要になったり、奇形の実ができるなど、「例年に比べて苦労が多いシーズンだった」と横前さん。大型連休以降は天候も順調に推移したため、「色づき、大きさとも前年並みになった」と安どの表情を浮かべた。

 JAみなみ信州によると、飯伊では同市や喬木、根羽村などの80件が計240アールのほ場でホオズキを栽培し、主に中京や関西圏に出荷している。

 飯伊産は質が高く、同JAは1億円規模の産地化を目指し、苗木導入支援などを通じて生産振興を図っている。今季は枝16万本、実41万個を生産する計画だ。

 飯伊では一般的ではないものの、中京圏などでは盆にホオズキを盆ちょうちんに見立てて飾る風習がある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞